久保田健司 展

IMG_0229

久保田さんの展示が地下スペースにてスタートしました。

ポット、ピッチャー、ボウルやお皿など種類もサイズも充実した内容で、久保田さんの器用さがうかがえます。

IMG_0231 (2)

スリップウエアの器も多く、どれもとても恰好良いです。

カレーも、お野菜も、どんなお料理も合いそうなアメ色も魅力。

IMG_0236

IMG_0237

これからの季節に欲しくなる植木鉢。

多肉植物との相性も良く、作りもしっかりしているので安心して使えます。

IMG_0239

個人的にはこの左の植木鉢がおすすめです。

IMG_0240

今までの経験や技術を生かしながら、遊び心ある新作も。

IMG_0244

IMG_0241

動物のイッチンをしたシンプルな絵皿もかわいらしいです。

IMG_0254

マグカップはサイズ、形ともに様々。好みによって選べます。

久保田さんのマグは薄手ではなくしっかりとした作りなのに持った際に重さは感じられず、飲み口も柔らか。毎日の器として活躍してくれるはず。

IMG_0255

春からの新生活に、贈り物に。

ぜひご覧くださいませ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

久保田健司 展

3月23日(土)~4月11日(木)

10:00~18:00(最終日~17:00)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

sakurai

中園晋作 草花のうつわ

 

SNSのみの告知でスタートした「中園晋作 草花のうつわ」展。

おかげさまで初日肌寒い中、多くのお客様にお越しいただきました。

今回食器類は展示せず、花器や鉢、ボウルなどすべて一点もの。

春めいてきたこの時期にぴったりの、道端の小さな野花も生けてもらえたら喜びそうな、かわいらしい一輪挿しが並んでいます。

形もサイズも様々。やさしい膨らみのもの、爽やかな印象のもの、

艶やかで手のひらでそっと包み込みたいもの。どれも宝石のように

春の陽の下で輝いています。

IMG_0228 (2)

 

IMG_0200 (2)

IMG_0197

複雑な色の滲み、組み合わせ、質感などの釉薬の魅力と造形力。

センスの良さがはっきりと形になって私たちをひきつけます。

奥のスペースには大きめの花器や鉢を展示しています。

IMG_0206

IMG_0219

IMG_0211

黄昏時の空を映しとったような淡い色調

IMG_0225

森の奥深くを思わせるような、落ち着きのあるグラデーション

IMG_0223

IMG_0227

浅い鉢は縁に草花を引っかけて。

 

普段中園さんの器は陶器市の際に展示しますが、もっとゆっくり、じっくり見たいなという方は、ぜひこの機会にお越しくださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

中園晋作 草花のうつわ

3月23日(土)~4月10日(水)

10:00~18:00(最終日~17:00)

草花のための花器、大鉢、ボールなど、全て一点ものの展示会となります。

うつわなどの食器類はございません。
11月の陶器市の期間にうつわの展示会を予定しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

sakurai

つちやまり 作品展

城内坂店、入口スペースでは、『つちやまり 展』が始まっています。

暖かな陽ざしの中、お茶会が始まりそうな雰囲気です!

 

IMG_0010

IMG_0011

真白な磁器に、カラフルな草花をリズミカルに彩ります。

カップやボウルの内側には染付が、外側には印判によって忘れな草やビオラ、

プリムラ、菊などが押されています。

何とも手の込んだ繊細で華やかな器が並びます。

IMG_0012

IMG_0013

IMG_0016

IMG_0022

今回の展示の見どころのひとつ、かわいい豆皿!

プレートにのせてお料理のアクセントにしたり、

アクセサリーレストにしても素敵です。

IMG_0025

気持ちが浮き立つような、展示会となりました。

使う楽しみをぜひ、味わって頂けたら嬉しいです!

会期は4月4日(木)までとなります。

 

中村恵子 展

城内坂店、地下1階スペースでは「中村恵子 展」がスタートしています。

和食も洋食もしっとりきれいに収まる、用途の広い器が並びます。

落ち着いた風合いに食材の色が鮮やかに映えそうです。

IMG_0956

IMG_0961

IMG_0967

シンプルな様でいて中村恵子さんのオリジナリティーに富む色と形。

器は硬く焼き締められ、日々の使用に耐え得る丈夫さも魅力です。

IMG_0971

IMG_0977

IMG_0978

IMG_0979

IMG_0963

粉引、深緑、黒、インディゴ、呉須絵付けと定番のものから新作も並んでいます。

気をてらうことなく、使う人を思って作り上げられている器です。

つるり、サラリ、ざらり、と肌触りも様々。どれも暖かいです。

どうぞお手に取ってご覧くださいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「中村恵子 展」

3月9日(土)~3月21日(木)

10:00~18:00(最終日~17:00)

ハルメクギフト 展

 

日に日に春めいて参りました、始まりの季節。

この春、様々な場面でスタートを迎える方も多いのではないでしょうか。

感謝の気持ちやエールを込めて、ささやかな贈り物にぴったりの

「ハルメクギフト 展」を城内坂店入口スペースにて開催中です!

P1030152

P1030153

定番の灰釉と手びねりの新作が並びます、滝沢三奈子さんの器。

P1030156

P1030157

P1030158

本田あつみさんの器は、軽やかな春雨のような雰囲気!

P1030154

P1030155

丸い形と独特の肌触りが心地良い   craft  boro×boro さん。

P1030277

P1030280

柔らかな釉薬が美しい、Ivory  Castle さん。

P1030165

P1030168

安定の使い勝手の良さが魅力の、ほーほー窯さん。

P1030161

P1030171

やさしい風合いでドット柄がかわいい、松崎愛子さん。

P1030164

P1030170

手の込んだ絵付けが独特の空気をまとう、門脇美香江さん。

人気の作家さんたちからのハルメクギフト‼

春の益子に、ぜひお出かけ下さいませ。

会期は3月21日(木)までとなります。

吉澤直樹・遠藤薫 展

 

9日よりスタートした二人展。

磁器、焼き締め、粉引、優しい色合いのシトロン釉、ノアール、ブランカと、見応えのある内容で並んでいます。

料理を盛って完成するシンプルで使いやすい器と、個展ならではの一品もの。

一品ものは、意識と無意識の融合がコンセプト。

ヒビや貫入など、作品が焼きあがるまでに出る自然現象は、土の仕業か、火の仕業か。コントロールしきれないので難しさでもありますが、それが面白味でもあり、作品の表情を豊かにさせているのでしょう。

DSCF0365

毎日の穏やかな食卓の風景が、イメージ写真として作品と共に展示してあります。

様々なサイズのプレートが並んでいるので、組み合わせも様々、楽しめそうです。

DSCF0361

ぷっくりとしたポットも可愛らしいです。黒なら可愛すぎずシックな印象に。

DSCF0370

DSCF0380

どこか古い異国のうつわを彷彿とさせる、しっとりとした黒い鉢やお皿。

陶器ではなく金属のようにも感じさせます。

食材の彩りをより鮮やかに、美味しく見せてくれそうな器です。

DSCF0373

モダンな作品が得意な薫さんですが、焼き締めの男らしい器も多く作陶していらっしゃいます。のびやかで柔らかさのある片口。味わい深く、かっこいいです。

DSCF0379

DSCF0364

直樹さんの粉引の器も貫入やヒビがかっこよく、お料理映えもしそうです。

DSCF0367

DSCF0383

DSCF0381

定番人気の、しのぎシリーズ。お値段もお手頃なので、数をそろえたり、追加で買い足すにもありがたいですね。

DSCF0368

一点ものの花器も多く並んでいます。

芽吹きの季節、新しい花入れで春の訪れを楽しんでみるのはいかがでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

吉澤直樹・遠藤薫 展

3月9日(土)~21日(木)

10:00~18:00(最終日~17:00)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

濱端弘太、梅本勇 作品展

店内入口フォーシーズンでは、梅本勇さんと濱端弘太さんの作品展が

スタートしています。

まずは、長崎県で製作されている木工作家の濱端弘太さんのオーバルプレート。

チェリー材を使用した、丁寧な手彫りの温もりを感じる器です。

天然の素材そのままのお色と、鉄によって染められたシックな黒と二色ございます。

IMG_0001

IMG_0004

IMG_0008

IMG_0010

春の食卓に木の器お使いになってみませんか?

春野菜のグリーンがきれいに映えそうです。

パンや手作りのお菓子なども素敵ですよ!

あまり神経質にならず経年変化も楽しみながらお使いいただけたら嬉しいです。

IMG_0011

 

そして岐阜県土岐市で作陶されている梅本勇さん。

様々な形に、豊かな色のバリエーションそしてこの出品数、圧巻です。

流れ、混じりあう釉薬で彩られる景色はいくら眺めても見飽きることはありません。

IMG_0017

IMG_0020

IMG_0021

IMG_0019

IMG_0022

IMG_0030

IMG_0023

IMG_0025

IMG_0026

IMG_0027

IMG_0029

IMG_0016

根気強く積み重ねられる研究と試作の中で、生み出される梅本さんの美しい釉薬を

ぜひご覧頂きたいです。

IMG_0031

IMG_0018

新しい世界を切り開いていく若いお二人の作品展、ぜひお出かけください。

会期は4月7日(木)までとなります。

生形由香 展

待ち望む方も多い、生形由香さんの展示が地下スペースにてスタートしました。

釉調合の試行錯誤、のびやかな轆轤の造形、控えめな彫りなど、

様々な要素が重なり合い、独特の世界観を作り出しています。

IMG_0028

IMG_0029

揃えたくなる可憐な茶器類。

IMG_0034

IMG_0036

人気のマグカップもサイズ、色ともに豊富に並びます。

IMG_0035

人気の動物の置物シリーズ。ありがたいことに初日で完売に。

IMG_0037

繊細な彫りが施されているお皿。

かすかに見せる文様が奥ゆかしく上品で、お料理を載せるのが勿体ないくらいです。

IMG_0032

釉薬の流れ、滲みが何とも言えず美しい花器。

IMG_0033

どこか骨董品のような雰囲気を纏う青釉の花器。

お花をいけた景色が目に浮かびます。

控えめながら、しっかりと芯のある、生形さんの作品を

是非実際にお手に取って感じてください。

・・・・・・・・・・・・・

生形由香展

2月23日(土)~3月7日(木)

10:00~18:00(最終日~17:00)

・・・・・・・・・・・・・

伊藤剛俊 展

2月23日よりスタートした 伊藤剛俊展。

おかげさまで多くのお客様にご来場頂きました。ありがとうございました。

IMG_0077

伊藤さんの素晴らしいところは、この繊細な作品を生み出すスピードの速さです。

まだ作品は250点程度ございます。

内容も偏らず、お皿からカップ、燭台、花器、ポットなど、まだまだ満足できる内容でご覧頂けます。

IMG_0038

IMG_0039

IMG_0042

IMG_0044

IMG_0043

IMG_0056

奥の部屋は照明の美しさと、白い作品を中心に展示しています。

広いギャラリーに展示されているさまを見ると、その作品そのものに限らず

纏う空気感が、空間を高貴で上品なものにしているのが分かります。

IMG_0074

IMG_0062

IMG_0061

IMG_0060

緻密な作品が並び、どれも手の込んだものばかり。

焼く前は、緊張感の中扱う場面も多いことでしょう。

伊藤さんの想いと感性・造形力、忍耐強さを是非、感じにお越しくださいませ。

 

・・・・・・・・・・・・・・

伊藤剛俊展

2月23日(土)~3月7日(木)

10:00~18:00(最終日~18:00)

・・・・・・・・・・・・・・