栗原節夫 展

城内坂店中2階では、『栗原節夫 展』を開催中です!

自然光をたっぷり受けて、愛嬌のある楽しい作品が並びます。

イッチン、呉須絵、動物モチーフの置物や箸置き、新作も!

手洗鉢、大鉢、大皿など個展ならではの大きな作品もございますよ。

小鳥の小皿。

猫の箸置きと、ブタくん。

ふわりと笑顔がこぼれます!

淡いグリーンの細かい鎬の器は、しっとり掌に馴染みます。

新緑を思わせる爽やかなお色です。

...................

栗原節夫 展

4月3日(土)〜4月15日(木)

10:00〜18:00(最終日〜17:00)

杉山洋二・佐々木恒子 二人展

新緑が眩しい季節となりました。

城内坂店2階フロアでは杉山洋二さん、佐々木恒子さんご夫妻の個展が始まっています。

ガラスの作品は杉山洋二さん。

宙吹きガラスという技法で作られています。

セミクリスタルという透明度の高い原料を使用していますので、すごくキラキラしてます!

吹きガラスならではの柔らかなフォルムが美しいです。

こちらは佐々木恒子さんの作品です。

主に半磁器土を使っています。

今回は食器のほか、花器を多めに出展してくれました。

花器や一輪挿は小さいながらも、植物を挿すと空間の雰囲気が変わります。

ガラス・陶磁器の二人展になりますので、フタモノ・菓子ドームなど、コラボの作品もお楽しみください。

会場にはgallery botaniqueさんのドライフラワーも販売しております。

4月から新生活が始まる方も多いかと思います。

新しい生活に彩りを添えてくれる作品が並びました。

**********************

杉山洋二・佐々木恒子 二人展

城内坂店 : ギャラリー M’s

開催期間:2021年4月3日(土) から 4月15日(木)

********************** 

伊藤剛俊 展

城内坂店1階から地下スペースでは、

『伊藤剛俊 展』を開催中です。

本展は、混雑を避けるため全作品を抽選での販売となっております。

販売方法に関しましては、少し前のインスタグラム、HPをご覧くださいませ。

さっそくご紹介致します!

入口スペースは、白を基調にした作品。

透かし彫、掻き落し、蛍手、陽の光をやわらかく受けとめる作品が並びます。

回廊を抜けると、

黒の空間が広がります。

桜の下でキャンドルを灯して。

階段を降りて、地下スペース。

画像でご紹介しきれない作品も多々ございます。

ぜひ会場でご高覧くださいませ。

.................

伊藤剛俊 展

※全作品抽選販売です。

販売方法につきましては、少し前のインスタグラム、HPをご参照ください。

大変お手数おかけ致しますが、よろしくお願い致します。

3月29日(月)一部通行止めのお知らせです

3月29日(月)道祖土交差点南から城内坂交差点区間において

東京オリンピック聖火リレーが開催されます。

時間│12:00~12:13

聖火リレールートおよびその周辺で交通規制を行いますので、

 お出掛けの際はご注意願います。

何かご不明な点などございましたら、お問い合わせ下さい。

もえぎ城内坂店 TEL:0285-72-6003

益子町総合体育館  TEL:0285-70-2727 [月曜休館(祝日の場合は翌日)

ハルメクウツワ

城内坂店入口フォーシーズンギャラリーでは、

4名の作家からなる『ハルメクウツワ 展』開催中です!

少しずつ暖かくなってくるのが、うれしいですね。

まずは、石川久美子さんの作品からご紹介します。

定番の黄色い花。リバティシリーズ。

揃えて使いたくなりますね!

こちらは、古賀智織さん。

淡い動植物の絵柄の、カップ&ソーサーやカップ&トレイ。

コップやマグカップも。

小さなサイズがかわいい、斎藤奈月さんの作品。

続いて、森野奈津子さん。

花柄のプレート、小皿、マグカップが並びます!

城内坂店1階は今、春色です!

コロナも花粉にも注意が必要ですが、食卓にハルメクウツワお楽しみ頂けたらうれしいです。

.................

ハルメクウツワ 展

3月6日(土)〜3月18日(木)

10:00〜18:00(最終日〜17:00)

参加作家

石川久美子、古賀智織、

斎藤奈月、森野奈津子

中村恵子 展

城内坂店地下、陶人のタブルでは『中村恵子 展』がスタートしています。

定番のアイテムを中心に、手に取りやすいサイズ感、形、を意識した新作もたくさん並びます!

人気の深緑、黒、インディゴ、黃、粉引、青粉引、淡青と

しっとり落ち着いた色合いです。

三角鉢、正角皿、リム鉢、小丼など、新作です!

家での食事や調理をより楽しむ、器が揃いました。

丼ぶり。たっぷりとした容量ですよ。

ラーメン鉢にしようかしら!

小丼ぶり。お茶漬けやのっけごはんにぴったり!

紅茶にもコーヒーにも、teaffee cup(中央の棚左)

丸湯呑も、各色揃います。

少し大きめのお皿は、料理が盛りやすい!

少し深さがあります。

磁器土を混ぜて堅牢性のある中村さんの器は、日々の食卓で安心してお使いになれます。

しっかり土味がありながら、温かく手馴染みの良い器です。

ぜひ、お手に取ってご覧くださいませ。

..................

2月27日(土)〜3月18日(木)

10:00〜18:00(最終日〜17:00)

伊藤剛俊展からのお知らせです

                                                               

   3月20日(土)から始まる伊藤剛俊展は                                                        混雑を避けるため今回、全作品を抽選での販売とさせていただきます。                                                     

            ご参加方法                                            

○期間3月20日(土)~3月27日( 土)                                                     までの期間に、ご来店いただきご購入希望の作品(10点までを応募していただきます。                                                      

○抽選後、ご当選の方にご連絡させていただきます。                                       

(3月28日~3月31日にお知らせいたします。)                                                                                                           

  ○フリーで販売できる場合はHP,SNSなどでお知らせします。                                                                                              

  ○ネットからのご応募はできません。                                                  

  ○3月20日~3月27日までは全作品ご覧いただけます。                                          

      丹精込めて作った作品、ゆっくり、じっくりと今回は                                 ご覧いただけたらと思います。お手数おかけしますが、  
どうぞよろしくお願いします。                                     

   

佐々木康弘 展

2月13日より2階フロアでは『佐々木康弘展』が始まりました。

伝統的な釉薬とモダンなデザインから作り出される器は、どれも使い勝手がよく、温かみがあり、思わず手にってみたくなります。

人気のボーダー柄のアイテムも充実しています。

存在感のある照明も多数展示してあります。

柄も1点1点異なりますので、じっくりとご覧ください。

個展ならではの一点物やマーブル柄の器も楽しめます。

.................

佐々木康弘展

2月13日(土)〜2月25日(木)

10:00〜18:00(最終日〜17:00)

.................

梅本勇 展

城内坂店地下、陶人のタブルでは『梅本勇 展』がスタートしています。

岐阜県土岐市に工房を構える梅本さん。

会場に足を踏み入れると、色とりどりの釉薬の世界が広がります。

水、雪、空や植物と、自然の色を連想させます。

様々な色が、プレートやカップ、ボウルや花器と形を変えて並びます。

個展ならではの品揃えとなりました。

この色数、圧巻です!

何も盛らなくても良いかもしれないと思うほど、変化に富む美しさです。

この機会にぜひご高覧くださいませ。

.................

梅本勇 展

2月13日(土)〜2月25日(木)

10:00〜18:00(最終日〜17:00)

いろいろ鉢 展

小鉢、大鉢、盛鉢、片口鉢、飯碗、汁碗、、

手に持って使う鉢を中心に、4名の作り手による展示会です。

まずは、清水一博さんの器です。

益子の土を使用した、粉引や土灰の飯碗や小鉢などが並びます。

小さめがかわいいです!

続いて、佐藤敬さんの器。

定番の黄粉引と、登り窯の器も並びます!

大きめの深さのある鉢に、片口鉢に碗。

マグカップは、ひとつひとつ色も形も違うのが楽しい!

続いて、西丸太郎さん。

星の象嵌、細やかな仕事に驚きます。

器の裏側まで、素敵な仕上がり!

最後は、能登実登利さんの器です。

実登利さんの赤。独特で美しいです!

たっぷりとした鉢。汁碗にも盛鉢にも重宝します。

鉢は、用途も広く働き者。

どんな風に使ってもいいんです!

ご自身の手にしっくりくる鉢、探すのも楽しいですよ。

会期は2月18日(木)までとなります。