村澤享展

 

DSCF7072

 

益子の伝統を重んじながらも、現代の暮らしに寄り添う器を

作り出そうと試行錯誤されている村澤享さん。

今回は藁灰や硬糠(釉薬)の特徴を生かした作品が多く並びます。

 

個展2日目を迎え、藁灰の器が外国のお客様に人気な様子。

米を主食とする日本独特の釉薬だと思われますが、

洋を思わせる品のある形と、藁灰特有の乳濁や結晶、

鉄分と反応した色の変化、釉の流れに外国の方は心つかまれるのでしょう。

藁やモミの灰はすべて天然もの、材料を確保するだけでも大変と、村澤さんはおっしゃいます。

 

P1020671

日本酒がおいしくいただけそうな酒器

 

P1020672

P1020675

ぽってりとした形が可愛らしいピッチャー

 

P1020674

奥のスペースには、硬糠の作品が主に並び涼しげです

 

P1020677

P1020676

しっかりとした作りなので、安心して使えそう

P1020678

種類も数も豊富に揃います。

ぜひ実物を見にお出かけくださいませ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

村澤享展

7月7日(土)~7月26日(木)

10:00~18:00(最終日~17:00)

もえぎ城内坂店 gallery M’s

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

sakurai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です