作品のアイデアがうまれる瞬間

IMG_6046

高橋協子さんの照明。ハリーポッターの世界みたいですねというとこの作品がうまれた経緯を教えてくれました。

それは協子さんが体調を崩し寝込んだとき。こんな時しか分厚い本をじっくり読めないとのことで読み始め、ちょっと起きてもどったところ本がパラパラと開いていて。それが何ともいえずとてもきれいだったから。とのこと。

なんて感性豊かなんでしょう♪

ちなみにその本司馬遼太郎。渋っ!(^^)!

なにげない日常からこんなにワクワクする作品がうまれているんですね~。

スタッフ 大塚 麻樹

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です